珈琲や紅茶、緑茶などに含まれることで知られるカフェ

珈琲や紅茶、緑茶などに含まれることで知られるカフェ

珈琲や紅茶、緑茶などに含まれることで知られるカフェインは、お肌にシミを作る原因になるといわれているのです。

広範囲にシミを広げてしまったり、長年に渡ってカフェインを摂りすぎると色素が沈着しやすい体質になることが危惧されます。それと、緑茶に入っているタンニンもシミに悪影響がでやすい成分ですから、シミが気になるという人は飲み過ぎないようご注意ください。


産後に体質が変わったという話は良く聴きますが、肌もその例に漏れないようです。ホルモンは生理周期でも変化しますが、妊娠により数ヶ月以上安定していたアトは影響が大聞く、しわやシミ、肌のたるみなどが生じるため、身体的にも気分的にも大きな負担となります。

また、美肌ホルモンとも言われるエストロゲンが急に減るため、肌は乾燥に傾く場合がほとんどです。


夏場は湿度のせいで気づかず、秋になって悪化するので注意が必要です。外部からの刺激に過剰に反応して赤みや痒みを感じやすくなります。
元の肌質に戻るまでは、無添加タイプのスキンケア製品で刺激を抑え、うるおいを補填するようにケアしていきましょう。

授乳期のママは子供のことで手一杯かもしれませんが、安心して頬ずりできるようなスキンケアアイテムを選びたいですね。シミだらけのお肌になってしまったら、もっと若いのに!と言いたくなるほど老けて見られてしまいますよね。


年齢を重ねるにつれて、肌が健康を取り戻すのに時間がかかるようになり、少しずつの日焼けが蓄積して残ってしまいますので、常日頃から日焼けには注意しなくてはなりません。

基本的な日焼け止めや帽子でなるべく紫外線を浴びないようにし、それと一緒に、トマトやキャベツといった食べ物によってビタミンCを、今までよりももっと摂っていきましょう。

美肌とウォーキングをすることは全く関係ないように思われがちですが、実際は相当深く関係しています。


ウォーキングのときに姿勢を正しくすると、お肌へ流れる血流がスムーズになるので、代謝が活発になり肌が美しくなれますし、成人病と言われる高血圧や動脈硬化等を防ぐためにも効きます。
雑誌の記事で読んで以来、機会があったらぜひやってみたかった、ファスティングダイエットをこなしてみたら、3キロも減量できたので、ダイエット的には成功です。

きれいになりたいという気持ちの強さで、ファスティングのつらい部分も乗り切れたのですが、鏡をよく見てみると、身体はすっきりしたようですけど、肌、というか顔にしわが増えたかもしれません。

しわが増えたことと、ファスティングダイエットと何か関係があるとは思っていませんが、関連を疑いたくなるタイミングではありましたし、ともかく、今はスキンケアを重点的におこなうつもりです。



一日に2リットルの水を飲むと全身の健康を保ってくれるでしょう。持ちろん、お肌にも水分補給は必要です。


水分不足はお肌の血行を悪くし、老廃物が排出されないため、くすみが目立つ原因となります。それに加えて、肌全体が乾燥してしまい、お顔にシワやほうれい線も増加していくのです。
ぜひ、水分を欠かさない生活習慣を保ってください。三十路も半分まで来るとシミなるものが頬や手などにあっちにも、こっちにも出てきてしまいました。

何故こんなことになってしまったのか?理由はひとつしかありません。

太陽の恵みの副産物、憎き紫外線の仕業です。母となり、最初はベビーカーを押して、その後は手をつないで、ほとんど毎日、近所の公園で太陽の下、思い切り遊びます。

二人分の支度は意外と手間がかかるものです。とてもとても念のために日焼け止めを持つなんてできません。
それでも、日焼けしてシミになってからでは手遅れなのです。

時間をひねり出してでも対策すべきでした。

肌の表面の脂分が原因で汚れが吸着したり毛穴を塞いだり、黒ニキビになることもたくさんあります。

このような肌荒れを何回もつづけると、シワやシミ、たるみへとつながります。

肌トラブルの対策として一番大事なのは洗顔です。

たっぷりと泡たてた丁寧な洗顔を念頭に置きましょう。

もっとも、一日に何度も洗顔をおこなうと、反対に肌を傷めてしまいます。
アンチエイジングとは加齢と戦う抗加齢を意味するもので、若返りと勘違いされがちですが、ただの若返りではなく年齢の進行をできるだけ抑え、実年齢より綺麗に見せるといった考え方の方が適切な考えだといわれています。アンチエイジングは現在、基礎化粧品のみにとどまらず、サプリおよびホルモン治療の世界にまで進歩しているでしょうシワの原因をご存知でしょうか。
これはいくつもあるためすが、最も大きな原因とされているのが乾燥なのです。お肌の水分不足は、そのままお肌の乾燥につながって、シワが発生して、増加することになります。シワが目立つ部分である目尻、この部分は皮脂の分泌が少なくなっていて他よりも乾燥に影響されやすいパーツであり、それで、この部分にいち早く小ジワが出現するという理由です。
さらに、加齢によって皮膚(ケアを怠ると、シミやシワ、吹き出物などができてしまうことも少なくありません)の張りを保つコラーゲン、ヒアルロン酸といった皮膚(ケアを怠ると、シミやシワ、吹き出物などができてしまうことも少なくありません)の構成成分が減っていくばかりですから、こうしてシワ、たるみは発生していくわけです。


関連記事

Copyright (c) 2014 スキンケアの勉強ぶろぐ日誌 All rights reserved.